ツアーナース

ツアーナース体験談☆私がツアーナースをしている理由

実は学生時代に修学旅行にいちども行けなかった・・・。

転勤が多かった小学生時代

私の父は転勤族で3年に1度の間隔で転勤があるので、家族も一緒に日本全国を渡り歩いていました。

 

小学校6年生の時にも転勤があり、新しい学校に馴染んだ頃に修学旅行がありました。

 

私はやっと新しい学校の友達と仲良くなれるチャンス!だと思ったのに、運悪く祖母が危篤状態となり、通夜・葬式の日程と被ってしまったため、修学旅行に行くことはできませんでした。

 

不登校になった中学時代

転勤ばかりで学校に馴染めなかった私は中学校に入ると、いじめが始まり学校に行けなくなりました。

 

保健室登校はできたものの、クラスに入っていけず、結局は中学校の修学旅行にも行けませんでした。

 

高校も中退

中学校でいじめを受けた私は精神的に弱くなってしまい、結局は高校も2年で中退。。。

 

その後は大検を取って看護学校に進み看護師免許を取れましたが、高校の修学旅行にもいけませんでした。

 

いちども行けなかった修学旅行

小学校・中学校・高校と、いちども修学旅行に行けず大人になりました

 

周りの友達が修学旅行はどこに行った?なんて話で盛り上がっているのが羨ましかったです。。。

 

 

ツアーナースという仕事を知って


そんな時、ツアーナースという仕事があることを知りました。

 

私は子供の頃にいちども修学旅行に行った経験がなかったので、とても興味をもちました。

 

主に小中学校の修学旅行や自然教室の付き添いをする仕事と聞いて、とてもわくわくしました(´∀`*)

 

ツアーナース求人は、自分ではなかなか見つからず、看護師求人サイトに登録することにしました。

 

看護師求人サイトのメディカルコンシェルジュでは、ツアーナース特集があり、希望の求人をすぐに見つけることが出来ましたよ。

 

 

ツアーナースで京都・奈良は定番


本業の休みを使って2泊3日のツアーナースに申し込みました。

 

2泊3日で京都・奈良に行く旅行です。

 

県立の中学校の修学旅行なのですが、このあたりの中学校では、修学旅行で京都・奈良に行くのは定番のようですね。

 

私は看護師になってから一度だけ京都・奈良に行ったことがありますが、とても素敵な場所だったので、また行きたいなと思っていました。

 

 

ツアーナースはお金では買えない経験

行きの新幹線

行きの新幹線では、何両にも渡って子供達がひしめいていて、私はあるクラスの担当となり、1人で座ってボーっと景色を眺めていました。

 

子供達は、大人っぽいようでまだ子供らしいかわいさもあり、1人で座っていた私に女子が話しかけてきました。

 

それをきっかけに、周りの男子も女子もみんなが人懐っこく話しかけてきて、行きの新幹線ではウノを一緒にしました

 

京都までは3時間弱かかりますが、飽きることなくクラスの子供たちを話をしました。

 

乗り物酔いになる子供や体調不良になる子供もおらず、楽しい新幹線となりました。

 

バスで宿泊先のホテルへ

大人数でバスに乗って、ワイワイがやがやしながら旅行をする。。。こんな体験って修学旅行くらいですよね!?

 

なんだか、子供の時に体験できなかった修学旅行に自分が参加しているようで、子供時代に戻ったような、懐かしいような感覚になりました。

 

バスでは乗り物酔いになった女子がいましたが、酔い止めを持参していたので、様子観察のみで症状は改善しました。

 

宿泊先のホテルもきれい〜!私は個室を用意して頂いたので、荷物を整頓して、昼食までは休憩を取ることができました。

 

ツアーナースは、常に子供達と行動は一緒ですが、合間で休憩を取ることもできますし、1人になる時間もしっかりあります。

 

自分の部屋で少しのんびりして、昼食を取る食堂に行きました。

 

ホテルでのランチは本当に楽しい!丸い大きなテーブルにクラスごとに座り、先生や生徒、ナースもみんなで一緒にご飯を食べます。

 

小学生って本当に元気で圧倒されます!

 

初対面で緊張していたのは私だけで、子供たちはマシンガントークで話しかけてきます。

 

移動もずっと一緒

修学旅行では、先生や生徒はずっと固定で担当します。

 

もちろん全体を見るのですが、行動は固定のチームを担当する感じですね。

 

だから行きの新幹線や食事も一緒、観光先の順路も一緒という感じで、とても打ち解けることができました。

 

京都では嵐山や金閣寺、銀閣寺、稲荷神社、清水寺など、京都っぽい観光地を回りました。

 

子供達は「お寺ばっかり〜!」とか「ディズニーとかが良かった〜」とか言っていましたが、大人の私にはどこも素敵な場所で私が一番テンションが高かったです(´∀`*)

 

旅行中も大きなトラブルはなく

修学旅行中は怪我や体調不良も出ずに、私は看護師として参加していることを忘れて子供達と一緒に旅行を楽しんでいました。

 

ツアーナースは怪我や体調不良がなければ、本当に看護師としてはすることは特にありません。

 

子供や先生の健康管理が主な仕事ですが、旅行を中断するほどの怪我や体調不良は滅多にありません

 

旅行の最終日までトラブルはなく、ツアーナースになって初めて経験する修学旅行に感動しながら、またツアーの仕事がしたい!と思いました。

 

 

子供からの将来の夢の話を聴いて。。。


子供達は「私、将来は看護師さんになりたい!」とか「私はピアノの先生になりたい!」とか、将来の夢の話をしてくれます。

 

子供ってピュアなので、思ったことは口に出してしまうんですね。

 

それがかわいいのですが、将来の夢を語れるって良いな〜と羨ましくもありました。

 

将来に夢や希望を持っているって素晴らしいことですよね。

 

大人になると、夢や希望なんて忘れて、忙しい毎日にバタバタとあっという間に時間がたってていて、結局何もできないということの繰り返しです(´;ω;`)

 

ある女子が将来は看護師になりたいと聞いて、「人の役に立ちたいから!」と言っているのを聴いて感動しました。

 

最近の子供は。。。なんてネガティブに話すことも増えましたが、ほとんどの子供はしっかりと将来のことを考えながら、毎日を楽しく精一杯に過ごしているんだな〜と改めて思いました。

 

たった2泊3日の旅行で、しかも初対面のナースに、将来の夢や恋愛話をしてくれるなんて、とても嬉しいです。

 

子供に関われる仕事って、自分の内面を振り返る機会になるし、何よりもたくさんの刺激をくれる存在なので楽しいです(´∀`*)

 

 

ツアーナースは未経験でも心配はいりません。


私は今回のツアーは全くの未経験でしたが、特に困ったことはありませんでしたよ!

 

特にスキルを問われる場面もありませんでしたし、看護師経験が浅くて困ることもありませんでした。

 

事前打ち合わせでも、特にスキルや経験のことについても何も聞かれませんでした。

 

それに、事前打ち合わせでは、一緒に回るクラスの担任の先生、校長、養護教諭の3人が対応してくれて、注意事項や看護師の業務内容について詳しく説明してくれました。

 

救急バッグの中身の確認や使い方、医療機関への受診のタイミングなど、丁寧に教えてもらいました。

 

子供全員の既往歴、内服の有無、注意事項などについても詳しく説明を受けました。

 

事前打ち合わせがあったおかげで、事前に生徒の情報を知ることができましたし、ツアーナースとしての注意点や、予想できるリスクなどについての説明があったので、スムーズに仕事に入ることができました。

 

事前打ち合わせがなかったら、先生方とも当日が初対面となるので、こちらの緊張感はもっと大きかっただろうし、顔が分かっている人がいるというだけでも心強いですよね(´∀`*)

 

私は全くの未経験でツアーナースをしましたが、特に困る場面もありませんでしたし、未経験だからと心配になることはないと思いましたよ!